インターンシップ受付中

株式会社芝寿し

【金沢の食文化を芝寿しから発信!】 芝寿しは、単なる『お寿司屋さん・お弁当屋さん』ではありません。 『金沢発・ごはん文化創造業』として、金沢の食文化である押し寿司を通して、全国・全世界のお客様へ美味しさと感動をお届けする企業です。

会社の軌跡

昭和30年、当時片町で東芝のショールームを経営していた創業者 梶谷忠司は、電気炊飯器を実演販売という手法で販売していました。しかし、実演で大量に炊けたご飯が余ってしまう。「もったいない」捨てずにどう活用すればよいか。そこで、冷めても美味しくご飯を食べられる方法として「寿司」という発想にいたりました。
金沢には昔から祭りなど“ハレの日”には「押し寿し」をつくり周囲にふるまう風習があります。この寿司をアレンジし、売り出したところ、これが評判を呼び、日を追うごとに人気は高まっていきました。
昭和33年には社名を“東芝”の“芝”をいただいて『芝寿し』とし、創業。本格的な販売・宣伝を開始しました。現在の看板商品、『笹寿し』も創業者のひらめきから生まれました。白山比咩神社の参道に売られていた笹餅をヒントに、餅をご飯に置き換えたのが始まりです。以降も柔軟な発想はヒット商品を次々と生み出し、今年61年目となる芝寿しの基礎を築き上げてきました。
2018年春には、「いなほの里」と称した古民家カフェ&売店をオープンします。芝寿しのテーマパークとして、押し寿司のみならず、米文化の発信を行なっていきます。

会社の特徴

芝寿しは、社員教育に力を入れています。社員一人ひとりが目標達成に向けて取り組む目標管理制度や、新入社員の入社後のフォローを目的としたブラザー制度。月に一回の社長塾や、自分で挑戦したことを全社員の前でプレゼンし競い合うチャレンジ発表会があります。加えて、外部講師を招いた衛生講習会を定期的に実施し、社員だけではなくパートさんにも衛生に対する知識を付けて頂き、働く従業員皆が高い意識で製造・販売を行ないます。社外研修にも積極的に参加でき、新入社員もベテラン社員も関係なく、挑戦できる・成長を実感できる機会がとても多い会社です。
また、原料の仕入から製造・販売・配送まで全て自社で行なう為、お客様からの「ありがとう」の声が直接届き、自分の仕事にやりがいを感じられる会社です。
サービス業の特徴として、世間一般的なお休み(GW、お盆、年末年始)などは多忙を極めますが、それだけ多くのお客様にご支持を頂いている証として、工場は年中無休で動いています。その反面、忙しさが一段落した頃には、交代で連休をとりプライベートを充実させています。
パートさんも一緒に駐車場でバーベキューをしたり、入社2年目の社員が幹事となってパーティーを開催したりと、従業員充実も疎かにしないように取り組んでいます。

当社の強み

【金沢といえば笹寿し、笹寿しといえば芝寿し】
商品のブランド力、地域知名度が高く、北陸の寿し弁当事業でトップブランドであると自負しています。
特に出張販売に出向いた時などには、「ああ、芝寿しさんね」と言って頂けるところに、お客様からの認知度の高さを実感できます。
弊社の商品は、「安心・安全・美味しい」だけではなく、「蓋を開けた時の感動」を大切にしており、一つ一つの商品に心を込めて、お客様にお届けしています。
また、「雨天キャンセルOK」や「特注弁当」など、お客様のニーズに合わせた独自のサービスを展開しており、さまざまなご要望にお応えできる会社です。
創業61年という歴史ある会社ですが、近年では冷凍米飯事業という新しいビジネスシーンを展開し、ホテル・旅館などの厨房のお役立ち商品として、お客様の「あったらいいな」を実現し続けています。
この冷凍技術を用いて、将来的には全国・全世界のお客様へ金沢の食文化を提供できるよう、日々邁進しています。

会社概要

会社名株式会社芝寿し
所在地〒920-0378 石川県金沢市いなほ2-4
公式サイトhttp://www.shibazushi.jp/
事業内容寿し・弁当・菓子の製造、販売