世界の暮らしを支える企業

株式会社北村機器製作所

わたしたち北村機器製作所は、 薄ものから厚もの、大物から小物まで多品種少量生産で塗装・組立すべてにおいて、 安定した品質・納期、均一で高品質な板金製品をご提供いたします。

会社の軌跡

はじまりは、小さな板金屋。
大きな夢をいっぺんに見るわけではないけれど、
小さな夢からコツコツと積み上げ、
世界の暮らしに役立つ企業に成長した
北村機器製作所の軌跡。


昭和35年
金沢市北町に「北村板金」を設立。
個人企業として板金溶接加工業を開業

昭和37年
有限会社 北村機器製作所に改名。
若宮工場(金沢市若宮)を新築し移転

昭和46年
資本金220万円に増資

昭和54年
資本金を980万円に増資
畝田第二工場を新築、先の畝田工場を第一工場と称し、
若宮工場より集中移転 電気事業部を新設し、制御盤・受配電盤・
分電盤の生産に着手

昭和60年
本社工場を金沢市無量寺(現 ㈱北村機器製作所所在地)に新築。
設計機器及び生産設備を増強畝田第一、第二工場より板金事業部
及び電機営業部門を集中移転畝田第二工場を電機事業部専門工場
とし、畝田第一工場を閉鎖

昭和63年
資本金を4,100万円に増資

平成元年
畝田第二工場に株式会社エス・イー・キタムラを設立
(資本金4,100万円)
電気事業部の技術、生産部門を移管する

平成5年
東京出張所を開設

平成8年
東京都足立区綾瀬に北村ビルを新築し、東京営業所を開設
(東京出張所閉鎖)

平成13年
エス・イー・キタムラ新工場を竣工。
畝田工場より新工場へ移転し、畝田工場を(株)北村機器製作所に移管する

平成20年
KESステップ2登録(環境マネジメント)

平成29年
組立工場を増設

仕事内容

現在の生活を支えている多くの電化製品、
交通や通信など、
暮らしに必要不可欠な存在になっている
半導体を入れる大型製品(筐体・カバー)を
製作するお仕事です。

会社の特徴

意見やアイデアを出し合い、
それぞれの個性を活かした組織づくりを行っています。

幹部・責任者のほとんどが30代。

先代がつくりあげた会社を
守り、さらに伸ばしていくのはこれからの若者。
年齢や勤続年数、経験に囚われず
自主的に未来を切り開き、
行動できる人材を優遇します。


当社の強み

長年のノウハウの蓄積により、
歪みのない高い精度を必要とする
大型製品(筐体・カバー)を得意としており、
生産率は世界の4割。

当社の製品が世界の暮らしを便利にしたり
社会インフラに貢献したりしています。

存在意義

暮らしの中の半導体といえば、

エアコンに付いている温度センサー。
パソコンを動かすCPUも半導体でできているし、
携帯電話/スマートフォン、デジタルカメラ、
テレビ、洗濯機、冷蔵庫、LED電球等
なくてはならない存在。

その半導体を入れるための箱(筐体・カバー)も
半導体にとってなくてはならない物です。

この製品を世界に届けていることを誇りに、
暮らしを豊かにし、よりよい未来に貢献していきます。

オフィス自慢

埃ひとつないクリーンな空間を。
繊細な商品を扱う為、
常に美しい空間を保っています。

社長の軌跡

昭和35年に創業して以来、お客様第一主義の理念を掲げ、信頼を積み重ねてまいりました。当社は薄物板金加工の技術集団として、中でも「大物」といわれる分野において、提案力や豊富なノウハウ、そして最新鋭の機械設備と技術力を駆使してサポーティングインダストリーとしての企業価値を高めていきたいと思っています。

私たちはお客様に喜ばれるモノづくりを通じてグローバルに社会貢献し、産業界の一翼を担っていきたいと考えております。今後ともご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役 北村 由貴子

今後の展望

きらり光輝く、感動する企業を目指そう。

成長産業における高度な技術要求に対応し、
付加価値を創造しながら真摯な製品作りによって
サポーティングインダストリーとしての価値を高め、
お客様からナンバーワンの評価を頂ける
GC「グッドカンパニー」を目指します。

会社概要

会社名株式会社北村機器製作所
所在地〒920-0332 石川県金沢市無量寺町ニ12−11
公式サイトhttp://kitamurakiki.co.jp/
事業内容品質・納期、均一で高品質な板金製品の製作