「医・食・住」を守る断熱屋

ノムラ合成株式会社

人が健康に過ごす為に必要な住宅、車、店舗、工場。 外からの熱を和らげ内部の熱を逃さない。 人にも地球にもやさしい断熱屋さんです。

会社の軌跡

1962年(昭和37年)5月設立

耐熱性のあるプラスチックの加工・製造にヒントを得て
バスや車のボディの製造を開始。

軌道に乗り10年を経過した頃、
エンジンの音を和らげる為の断熱吸音材の加工も扱うようになる。

車両関係の断熱吸音材の加工の実績から
夏は涼しく冬は暖かく結露のない住宅づくりを叶えること
新鮮さを1時間でも永く継続させる事のできる倉庫・トラックづくり
に活かし住まいや流通等暮らしになくてはならない断熱屋となる。

仕事内容

断熱材の加工

寸法を測って決まったサイズに加工していく作業です。
今では機材で行う作業量も増えていますが
手作業での工程も多く、
比較的簡単で誰でもできる作業ですが
効率よく進めるにはどうしたらいいか、等
自分で工夫して楽しみながら作業してください。

会社の特徴

年齢・性別・経験、不問!
「働きたい」の意志を尊重する会社です。
未経験者の方でもコツコツ続けることで技術が向上していくお仕事です。

オフィスはバリアフリー対応。
車イスの方でも安心して働けます。

働く人の環境を一番に考え、随時受け入れ体制を整えていくので
不安に思ったこと興味があることなどなんでも相談してください。

当社の強み

創業55年以上。
守り、進化してきた技術を活かし、
生活になくてはならない断熱屋になりました。

住宅、車、店舗、工場のみならず
航空産業にも使用されている素材です。

健康、安全、安心、省エネ。
人と地球にやさしい暮らしをこれからもお手伝いし続けます。

存在意義

人が健康に過ごす為に必要な住宅、車、店舗、工場。
外からの熱を和らげ内部の熱を逃さない。
昔からある断熱材に技術を加え、
今、快適な生活になくてはならない物になった。

健康で安全・安心。そしてエコな暮らしを
一人でも多くの人に伝えることが私たちの使命です。

オフィス自慢

2018年に新社屋ができました!

どんな新社屋にするか、
間取りなども会社全体で相談して完成させました。
完成したばかりの広いオフィスは
車イスの方でも働けるようにバリアフリー。

みんなが集えるように広い食堂スペースを設け、
料理をしたり、談笑をしたりのびのび過ごせます。

大きな壁を利用しプロジェクターで映画を楽しむこともできます。
会社だけでなく近隣の方を招いてのイベントも検討中です。

もちろん、断熱材を使っているので夏は涼しく冬はあたたかい、
住宅のように快適なオフィスです。

社長の軌跡

昭和36年、戦後まだ10年しか経たない日本で
親戚の援助を受け株式会社を設立。
創業者である当時の社長(現社長の父親)が新婚旅行の際にたまたま見つけた、照明器具の傘がプラスチックで出来ていながら耐熱性があり様々な加工ができる事にヒントを得て、バスや車のボディの一部を製造することに成功。依頼を受けるようになり会社が軌道に乗り始め順調に10年が経過した頃、エンジンの音を和らげる為の断熱吸音材の製造も扱うようになる。

幼い頃からその姿を見てきたながら、当初は後を継ぐ気は無かったというが
東京の大学に通い、卒業後は外資の医薬品製造会社に就職。
そのまま結婚をしたものの子育ての為に金沢に戻る事をきっかけに、
幼き頃からずっと見てきた会社を継ぐことを決意。
手作業工程だけでなく、最新の機会を導入、当初車両関係のみの断熱吸音材から住宅・庫に着目。住宅・庫での断熱材の加工が9割を締めるようになり、社員数も増え2018年新しい社屋を構え今に至る。




今後の展望

最近よく耳にする
「ゼロエネルギー住宅」や「ZEH(ゼッチ)」という言葉。
ZEHとは、(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量が正味ゼロの住宅のこと。

国はエネルギー的に自立した住宅、ZEHの普及を急いでいます。
そしてZEHの普及に必要不可欠なのが断熱材。
断熱材を施していない家ではいくらエアコンを入れても、
快適な温度の空気はすぐに逃げていってしまうからです。

断熱材の需要は今後、更に伸び続けることが予想されますが、
加工するつくり手の数はまだまだ多いとは言えない今、
一緒に成長していける仲間を増やし、会社の拡大を目指します。





会社概要

会社名ノムラ合成株式会社
所在地石川県金沢市高畠3丁目103番地
公式サイトhttp://www.n-gosei.jp/index.php
事業内容住まい・車両・庫の断熱材の加工、製造業務