石川・金沢の弁護士による企業法務

藏大介法律事務所

【企業の法的リスクを予防・解決!】 当事務所は、企業の法的リスクを予防・解決することで、企業と共に発展していくことを目的としています。日頃から企業と連携を取り合い、トラブルを未然に防ぐことができるよう顧問弁護士としての業務に注力しています。

会社の軌跡

当事務所は、弁護士藏大介が平成7年に開設し、平成15年に現在の金沢市大手町へ移転しました。平成20年には、弁護士木村基之が加入し、現在は2名の弁護士が所属しています。
【弁護士 藏 大介】
平成7年   弁護士登録
平成13年  金沢弁護士会 副会長
平成17年  金沢弁護士会 副会長
平成19年  七尾市入札監視委員会 委員
平成20年~ 財団法人交通事故紛争処理センター 嘱託弁護士
平成23年~ 金沢大学法科大学院法務研究科 非常勤講師
平成24年~ 金沢地方裁判所・金沢簡易裁判所 民事調停委員
平成28年~ かほく市行政不服審査会 委員

【弁護士 木村 基之】
平成20年  弁護士登録
平成25年  経営革新等支援機関認定
平成26年~ NPO法人消費者支援ネットワーク専門部会 部会長
平成28年~ 一般社団法人いしかわ家族信託サポートセンター 監事
       信託法学会入会
平成30年~ NPO法人消費者支援ネットワークいしかわ 理事
       金沢弁護士会 副会長

当社の強み

当事務所では、訴訟案件以外にも以下のような業務にも積極的に関与しています。
【リーガルチェック】
 市販の契約書の雛形を利用されている企業、相手先から提供された契約書にそのまま署名・押印される企業も散見されます。しかし、いざトラブルになった際には、契約書が有効に機能しなかったり、不利に働くこともままあります。そのようなことがないよう、多くの契約書の作成やリーガルチェックに携わってきました。
【信託契約】
 信託法の大改正から10年以上が経ちますが、金沢で信託を取り扱っている弁護士は多くはないように感じられます。また、信託契約においては、税理士・司法書士との連携が欠かせません。当事務所の弁護士木村基之は、平成28年に信託法学会に入会し、一般社団法人いしかわ家族信託サポートセンターの一員として税理士・司法書士と連携の上、信託契約の設計が可能となっています。
【コンプライアンス】
 近時、コンプライアンスの重要性が強く叫ばれるようになってきました。これは高度情報化社会によるレピュテーション・リスクの増大、司法制度改革に伴う事前規制・調整型社会から自己監視・救済型社会への転換など影響によるものとだと考えられます。当事務所では、企業の関心の高いと思われるパワーハラスメント・セクシャルハラスメントの予防・対応に関するセミナー、情報管理に関するセミナーなど、コンプライアンスに関するセミナーを行うと共に、体制構築の支援も行っています。

今後の展望

平成29年の日本弁護士連合会の調査によると、石川県内の企業で相談できる弁護士かがいると回答したのは33.3%でした。これまで企業に対して弁護士が積極的にPRする機会は少なかったと感じていますが、これからは企業のかかりつけ医のように身近に相談できる関係を築かなければなりません。そして、当事務所としても、これまで以上に企業法務に関する知識・経験を集積することで、より良い法的サービスを提供できるよう務めていきたいと考えています。

会社概要

会社名藏大介法律事務所
所在地金沢市大手町7番23号
公式サイトhttp://www.hi-ho.ne.jp/d-kura/
事業内容弁護士業