ワクワクしながら未来のまちをつくろう!

株式会社江口組

未来のまちを創る人財募集中!!」 江口グループは、大正10年の創業から『地域の安心安全、そして住む人々の豊かな暮らし』が実現するよう、インフラ整備や災害復旧工事など土木工事を通じて住む人の生活を支え、安心安全を守る仕事をしています。

会社の軌跡

江口グループは、
大正10年の創業から
『地域の安心安全、そして住む人々の豊かな暮らし』
が実現するよう、インフラ整備や災害復旧工事など土木工事を通じて住む人の生活を支え、安心安全を守る仕事をしています。

仕事内容

毎日歩いている道路、
高校時代汗を流したグラウンド。

江口組が施工した物件は、実はあなたのすぐ隣にあります。

・手取川築堤外工事
・梯川一針築堤外工事
・小松高等学校屋外運動場改修工事
・南加賀道路(粟津ルート)地方道改築4類工事

etc
安心安全を守り
まちの未来をつくるのが江口組のお仕事です

会社の特徴

・97年地元に貢献し続けた老舗
四捨五入すると100年 !
長い歴史のある会社です。

・地域貢献を大切にしています
清掃活動を中心に仕事以外でも地域に貢献しています。

・楽しいイベントを通した交流
社員同士の交流を目的とした BBQや食事会をはじめ、
地域のイベントに積極的に参加しています。

・ワクワクする自分を育てる会社
会社の為の10年後、
よりもまずは働くあなたの10年後を創造して欲しい。
どんな人間でありたいか、その為に成長するにはどうしたらいいか。
自分の未来が楽しみになるような目標を立てて
一緒に成長していきましょう。

当社の強み

・年齢経験不問
長い歴史のある会社ながら
土木現場の最先端の技術を取り入れ、
男女問わず、年齢問わず、経験問わずです。
枠に囚われず自由な発想を提案して欲しい。
そして時代と共に会社を成長させてくれる人材を募集しています。

・女性が活躍できる建設会社
社員の1/3が女性。
現場監督だって女性です。
これまで女性が現場で活躍するには「男性らしく」頑張らなくては
ついていけなかった時代かもしれません。
でも今は「女性らしく」ても働ける。
結婚から出産もしっかりした体制でサポートします。
無理せず笑顔で自分らしく働ける環境で一緒に頑張りましょう。
最近では社内で女子ランチ会なども開催されています。

・SNSを使ってのコミュニケーション
もちろん実際に会って話をするのが一番ですが、
いつでも、どこでも、コミュニケーションをとれる
「 Face Book」等SNSのツールも上手く利用しています。
それぞれが現場の報告や気になったこと、
伝えたいことをアップ。
他スタッフや現場の進捗がわかるようになり、
風通しも良くなりました。会長もこまめにチェックしています。

・仲間と一緒に力を発揮しよう
個性を活かし、ひとりひとりの能力を認め、伸ばすことで
組織がひとつになった時の力は格段に大きくなります。
ひとりひとりの個性が同じ目的や目標に向かって輪になる時、
最高の力を発揮する。そんな組織づくりをしています。








社員の声

若手社員がどんどん活躍している江口組。
フレッシュな社員さんに質問してみました!

入社3年目/畦地翔葉さん
Q.江口組に就職したきっかけは?
A.社内でデスクワークというよりも、
屋外で動き回りながら働きたかったこと。
地元企業だという安心感と、休日数が多かったことも
決め手になりました。

Q.ズバリ!仕事は楽しい?
楽しい!
もちろん知らないことや分からないこともまだ多く、
覚えることがたくさんあって大変ですが、
現場スタッフが色々と教えてくれるので大丈夫。
また、自分の祖父世代のスタッフも多く、
会話も面白いです。

Q.今後の目標は?
玉掛けや移動式クレーンの資格は高校時に取得済。
今は、施工管理技士2級の資格取得を目指して、勉強中です。
資格を取得すると取得お祝い金も出るし、手当もつきます!

入社2年目/高木優也さん
Q.江口組に就職したきっかけは?
A.土木・建築の現場は日々同じ事の繰り返しではなく、
出来上がっていく(変わっていく)のが面白そうだなぁ、
と思って選びました。
それと、自分が手掛けたものが後世に残るのは誇りになります。
また、建築・土木の仕事は力仕事ばかりと思ってましたが、
実はそうでもないことにも驚きました。

Q.ズバリ、仕事は楽しい?
楽しいというよりかは、スゴイなぁ、と思うことばかり。
何もないゼロから始めて、モノを作っていく工程に技術力
とチームワークの偉大さを感じますし、
そのモノが残っていくことが仕事への自信にもなります。

Q.会社の好きなところは?
A.高校は普通科で、
入社時には建築や土木の知識や情報はゼロでした。
でも、先輩は一からわかりやすく、丁寧に教えてくれます。
今、仕事を続けられるのは、親身になってくれる先輩のおかげです。

オフィス自慢

女性が働きやすい環境づくりのため
・更衣室完備
・現場でのトイレも男女別、ウォシュレット付!
・どこの現場も美しく
・会社はオープンな空間ですぐに相談や報告ができます

社長の軌跡

ひとつの力でひっぱるよりも
みんなの輪の力で強くなる。

△よりも○のチーム力。

企業や組織とは、頂点に会長や社長がいる
ピラミッド型で、底辺(社員)を増やして大きくしていくことが
一般的な考え方です。
当社には会長も社長もいますが、
会社を大きくするよりも「強く」したい!
そのためには、スタッフ同士のチーム力と
コミュニケーション力が不可欠です。

心と心のつながりを大切にし、
「人間」で勝負できる強い会社を作っていきたい!
その結果として、地元になくてはならない存在となれれば幸せです。

社長/江口充

名物社員

建設業界や土木系で頑張る女性=ドボジョ。
全国的にも増えてはいるけど、
業界はまだまだ男性メイン。

「女性でも大丈夫?」

の声も多いはず。


今回は江口組のドボジョ、
入社3年目の松原小亜美さんにお話を伺いました。


Q.建築や土木のイメージは?
A.やはり3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強かったです。
でも、高校の時、インターンシップで江口組に来てみてビックリ!
3Kのイメージは無いし、キレイで清潔。
良い会社だなぁと好印象でした。


Q.ドボジョになったきっかけは?
A.インターンシップ後、就職の為に数社、企業説明会に行きました。
でも、他者に比べ、江口組の印象が良かったのと、
社員が皆楽しそうだったこと。
この2つが決め手になって、楽しい会社で仕事をしようと、
江口組の「ドボジョ」になりました。

Q.ドボジョと呼ばれることに抵抗は?
A.抵抗はありません!
建築や土木の仕事というイメージが付くので
いいなぁと思っています。
ただ、ちょっと語呂が悪いかなぁという感じはあります。

Q.ドボジョになって良かったことは?
A.ドボジョという言葉が広がってきているので、
身内や友人に興味を持って貰えるのが嬉しいです。
また、「土木の仕事してるんだ、すごいね!」と言われることもあります。

Q.男性が多い職場ですが、困ったことは?
A.ありません!
例えば、よく現場のトイレのことを聞かれますが、
江口組では全く問題なし。男女別のトイレが設置されていて、
女性用は着替え等が出来るようにスペースも広めです。
また、現場には必ず現場事務の女性社員がいて、
女性同士いろいろな相談ができるので心強いです。

Q.今、一番楽しいのはどんな仕事?
A.測量業務です。計算式が難しくて最初は戸惑いましたし、
今でも応用は難しい。しかも天候で左右されるし、
悪天候の時は視界が悪くて見えにくくて、なかなか大変です。

Q.今後の目標は?
A.重機や建機の運転資格取得です。
「そこの○○機動かして!」
と言われた時にスムーズに動かせると
工事進行もスムーズ!
ドローンの操縦もしてみたいです。


会社概要

会社名株式会社江口組
所在地〒923-0919 石川県小松市殿町2-66
公式サイトhttp://eguchi-gumi.jp/company
事業内容土木工事の設計・施工